ダイナミックAF を使用する時の注意

今までの主要な被写体は景色、スナップ、花、止まっている野鳥などで主にAF-Sのシングルポイントを使っていました。飛翔する鳥の撮影を数度経験し、少し慣れてきたときに「ダイナミックAF」に関して勘違いしたまま、ピンぼけ写真を量産してしまいました。
よくマニュアルを見れば「AFモードのAF-Cとの組み合わせで、撮影者が選んだ1つのフォーカスポイントから被写体が一時的に外れても、周辺のフォーカスポイントからのピント情報を利用してピントを合わせます。」と説明されていますが、何を勘違いしたのか、「オートエリアAF」(カメラが自動的に全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを合わせます。)と混同して、ダイナミックAFで使えるフォーカスポイントのどこかに引っかかれば合焦出来ると思い込んで撮影していました。でもこれは、「オートエリアAF」ですね。
ダイナミックAFでは自分で選んだ1点のフォーカスポイントでピントを合わせますが、その1点から被写体が外れてしまった場合などに周囲のフォーカスエリアがバックアップとして働きます。
ですので、まず撮影者が選んだ1点でしっかりとピントを合わせる事が必要です。

次の7枚はAF-CでAFエリアモードのダイナミック72点を使って連写した写真です。
最初の1枚目で鳥の後ろの背景に合焦したまま連写したので、4枚目、5枚目でフォーカスポイントが鳥に合ってもフォーカスは奥の背景を捕らえたままです。6枚目で合焦点が鳥に移りました。撮影者がピンぼけ量産中に気づき、合焦し直せばもちろん、新たなポイントに合焦してダイナミックAFが機能します。ダイナミックAFはカメラが勝手に合焦点を判断してくれるモードでは無く、撮影者が自分の意図で合焦点、1点を決定し、その後の追従を支援してくれる仕組みという事を理解しないで撮影した失敗例です。

ちなみにこの日の撮影では、いろいろとAFモードを試していたのでオートエリアAFでも撮影しました。飛翔する鳥の撮影で合焦は、働きを理解しないで使っていたダイナミックAFより圧倒的に歩留まりが良いという結果でした。

カテゴリー: Photo life, 写真機材 | タグ: , , , | コメントする

岭南和园

広州市の西隣、佛山市にある岭南和园へ行ってきました。
番禺市内から路線バスで1時間半ほど。佛山市の南東にある顺德区の町中に有る少し古い中国をイメージしたテーマパークのような施設です。文化センター、ショッピングモール、住宅マンション等のある地域に有りました。国慶節連休後、最初の週末という事もあるかもしれません、来訪者は少なく、園内をゆっくり回ることができました。入園料は30元です。この施設は今年できたのでしょうか?各施設は真新しい感じです。
中国のこの手の施設と同様、各施設の作りこみは歴史のある寺社や建造物を見慣れた目からすると、結構安易。
それでも天気が良かったこともあり、カメラをぶら下げてゆっくりと散歩を3時間近く楽しんできました。

カテゴリー: Day by Day, Go Around, Photo life, 中華人民共和国 | タグ: , , | コメントする

広州動物園

2020年10月5日。
AF-S NIKKOR 70-200mm 1:2.8GⅡ EDとTC-14EⅢ の組み合わせでテスト撮影を兼ねて広州動物園へ散歩に行きました。
国慶節連休の最中で結構な人出でしたが、さすが動物園、パンダなど混んでいる場所を避けて、それでも動物を見ながら楽しく2、3時間ほどを過ごすことが出来ました。
D850にレンズは主にAF-S NIKKOR 70-200mm 1:2.8G と テレコンバータ TC-14EⅢ を使用してテレコン使用時の操作感の確認も兼ねました。

最初に回ったのは動物園に入ってすぐの鳥類。カラフルな南国の鳥はいつ見てもフォトジェニックですが、檻の金網が太い上に観覧通路から距離が有り、ちょっと残念。絞り開放で撮っても檻が目立ってしまいます。番禺にある動物園、長隆香江野生動物世界では檻に入れないで展示しているので南国の鳥を見るならそちらが断然お薦めでです。

お猿さんはいつも人気です。いずれにしてもトリミングをしますが、このような動物さんの展示ではフルサイズで200mmではちょっと物足りないので、テレコンバータが役立ちます。他に見物のお客さんが多い中で使うにはこの70-200mm程度が限界でしょうか。シグマの150-600mm F5-6.3 DGでは大きくなりすぎてちょっと気が引けそうです。

人と猿位にしか顔の表情を作る表情筋が無いという様な話しをどこまで見たように思いますが、動物の顔のアップも1つ1つ、何か言いたげで有ったり、気持ちを表していそうな気がしてきます。少し離れた動物の表情(?)をアップで捕らえられるのも望遠レンズの面白さですね。

お猿さんだけで無く、他の動物でもつがいや兄弟などで行動している姿を複数の動物で見かけました。

観光客からおやつを貰おうとする動物が居る一方で、全く関係ない、という動物も居て個性的です。

広州動物園にはもちろん、象、ライオン、虎、カバ、熊など動物園と言えばレギュラー的な動物。パンダやホワイトタイガーなどの希少動物も居ます。地下鉄の「動物園駅」を出たところが入り口になっているので、気軽に行きやすい動物園です。

ほとんど、AF-S NIKKOR 70-200mm 1:2.8GⅡ EDとTC-14EⅢ の組み合わせで撮影しましたが、このような殆ど止まっている被写体では例えば合焦速度が遅くなる、という様な使用感での低下は感じませんでした。特段気にすることは無く、ちょっと焦点距離を伸ばすことが出来るメリットの方が明らかに上回っていますので、70-200mmを持ち出すときはテレコンも一緒、という事が標準になりそうです。

カテゴリー: Day by Day, Go Around, Photo life, 中華人民共和国 | タグ: , , , | コメントする

野鳥撮影 8回戦 南沙滨海公园

2020年10月4日。
午後の鳥さん撮影をしてみようと夕方近くに南沙滨海公园行ってきました。
公園に着いてみると休日の人出で公園手前の道路は一般車両通行禁止で公園内は縁日状態。結構な人出で、とても公園内の樹木にいる鳥さんを撮影しようかという状況では有りませんでした。
そこで、人混みから離れ、立ち入りが出来ない草むらの手前で鳥さんが来るのを待ち構えて待機することにしました。
公園と海辺の間に有るこの草むらには多くの鳥が住んでいて、その中に有るちょうどてっぺん付近に葉の無い枝の有る樹木によく鳥さんが止まるのも今までの経験で分かっています。
結果、特に夕暮れ近くになると陸側にいた鳥さんが戻ってくるのでしょうか、いろいろな種類の鳥さんを見ることは出来ましたが、写真撮影としては惨敗。
小高い木の枝に止まる鳥さんは白い薄曇りの空をバックに撮影することになってしまい、鳥さんの露出が大きくアンダーとなってしまいました。

また、飛来してきた鳥さんの多くは茂みの中に入ってしまい、姿を見せてくれません。
やはり鳥さんが餌を探しに出てくるなど、活動的な時間と場所の方が撮影しやすいと実感しました。

また、色が黒い鳥さんの撮影は日中でも光の当たり方で難しいですが、夕日では尚更難しいです。自分の腕ではせめて、目が良く映えるように撮影できるかどうかがぽいんとでしょうか。

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 野鳥 | タグ: , , , | コメントする

Nikon テレコンバータ TC-14EⅢ の解像度確認

自分の使い方ではシグマのテレコンバータは解像度の点で用途に合わなかったので、Nikon テレコンバータ ではどうなのかと TC-14EⅢ を AF-S NIKKOR 70-200mm 1:2.8GⅡ EDとの組み合わせでテストしてみた。
撮影条件は室内で約9mの距離から照明を当てたテストバターンを望遠端の200mmでライブビュー、電子シャッターでワイヤレスレリーズを使って撮影。f値はテレコンバーターを使用したときの開放f値になるf1/4から1/5.6、及び1/8について撮影。
撮影したデータは解像度比較をするテストパターン周辺のみをクロップで切り抜いて、「縮専」にて全て200ピクセル角に縮小して比較。
小鳥などの小さな被写体を撮影後、クロップでトリミングする場合を想定し、テレコンバータ無しで拡大率が大きくなるクロップをした方が良いのか、テレコンバータを使って大きめに撮影し、クロップによる拡大率を下げた方が良いのかを判断する。

以下の写真は1枚の左側はテレコンバータ無し、右側はテレコンバータ使用。
2種類のパターンをf値を変えて撮影した。
各画像を拡大して目し比較してみると、部分的にはテレコンバータ無しの方が解像しているかな、と思える部分も有るが全体的にはテレコンバータをしても同等か、使用した画像の方が解像しているように見える。被写体が小さく、クロップによる拡大が必要になる被写体では AF-S NIKKOR 70-200mm 1:2.8GⅡ EDとTC-14EⅢ の組み合わせで焦点距離を稼いだ方が解像度に関してはメリットがありそうだ。

カテゴリー: Photo life, 写真機材 | タグ: , , | コメントする

華南植物園

広州市天河区の北よりに華南植物園が有る。
自然を活かした広い森林公園のような敷地内には大きな水辺、温室群があり、子供連れでピクニックに来ている家族も多い。

まずは森林を散歩しながら人出の少なそうな方へ向かう。

最初に着いたのは「アナナス」(パイナップル科)の地域。
これが大失敗でこの地域は信じられないほど蚊が多く、ちょっと立ち止まると半ズボンの足に群れをなして張り付いてくる。
とても写真を撮るために立ち止まれるような状況では無かったが、それでもムリして何枚か撮影。両足は蚊に刺されて非常にかゆい。じっとして居られないくらいにかゆい。それに、このような大量の蚊に刺されるというのはちょっと恐怖。
もうこれで気が滅入って早々に帰ろう、という気分。

この華南植物園は、たとえば日本の大船にある日比谷花壇大船フラワーセンターの様に花壇や区画で整備して植物を展示している植物園とは違い、広い園内にそれぞれ、いろいろな植物が植えられている。特定の植物を集めた区画も手入れが悪い。温室を除いて、自然に近い環境だ。

最初の蚊のお出迎えで気が滅入り、早くビールを一杯やりたいという気持ちも高じて園内を一周して早々に帰路についた。
帰り際にスイレン畑も手入れは悪いが、咲いている花は綺麗だった。

日本では見かけないような植物も多く、三脚に超望遠レンズを据えた野鳥撮影の集団も来ており、何か珍しい鳥でも居るのかもしれない。蚊の対策をしてお弁当でも持ってこれば1日楽しめる。

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 中華人民共和国 | タグ: , , | コメントする

野鳥撮影 7回戦 流花湖公園

2020年10月1日。天気は薄曇り。
国慶節の休みを利用して広州市越秀区にある流花湖公園にも渡り鳥など、野鳥が来るというので、およそ35年ぶりに行ってみた。
大きな池を中心とした公園で、その池の中に鷺島という野鳥が生息している小島が有り、岸側の回遊路から鳥観を楽しめる。
カメラ機材はいつものD850+バッテリーグリップ+シグマ 150-600mm F5-6.3 DG で手持ち撮影。絞りは基本f8。シャッタースピードは最高1/2000sで被写体によって変更。ISO感度はAUTO。

国慶節で規制している人が多いのか、公園の中の人では多くなかったが、他に何人も鳥を撮影に来ている人がおり、三脚を据えて撮っている方も居た。海珠湖でも、この流花湖でも鳥は移動(飛翔を撮影できる)と同じ場所に止まっている時間帯があるようなので、次回は自分も三脚と弁当でも持ってきて鳥の様子を見ながらじっくり撮ってみたいと思う。

公園内の鷺島には白い鷺も沢山生息していたが岸から離れた奥にいて撮影できる距離に近付いてくれることは無かった。
鷺島の中には小鳥も多く生息していて、時折群れをなして岸側の樹木にも飛んでくる。比較的人になれているのか、距離10m居ないでの撮影も難しくない。樹木にやって来る小鳥を中心に撮って居る人も居た。

鷺島の反対側に飛んでいったしまい、撮影にはちょっと距離が遠すぎる鳥を見ていると突然、鷺島から鮮やかな青い鳥は1羽飛び出してきた。
慌ててカメラを構え、撮影。
結構なスピードで一直線に飛んでいく。
カワセミだろうか?
小鳥を捕るには距離が遠すぎるし、フレームに納めるのがやっとでとてもピントは合っていないだろうとは思ったが、家に帰ってデータを見てみると、そこそこピントが合っていた。カメラの性能に驚いた。
撮影データはf/6.3(開放)、ss 1/1600、ISO感度は2500~5000。
地図で確認すると距離は約80~100m。

公園も場所を変えると少しでは有るが異なる鳥が生息している。また、生息しているからといって簡単に撮影させてくれない鳥も居て、写真道楽を楽しませてくれる。

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 中華人民共和国, 野鳥 | タグ: , , , , | コメントする

野鳥撮影 6回戦 海珠湖

2020年9月20日。
広州市内に有る海珠湖という大きな池と湿地帯のある公園に行ってきた。
この公園の池の中に鷺などの鳥が住んでいる小島が有り、バードウォッチングを楽しめる様になっている。
カメラ機材はいつものD850+バッテリーグリップ+シグマ 150-600mm F5-6.3 DG で手持ち撮影。
鳥が住んでいて、距離も離れすぎない撮影点は限られるので、この様なロケーションでは三脚が使えそうだ。

大型の鳥は小鳥とは飛び方が違って、飛翔を見ていると飛行機のようで面白い。
どの鳥も翼の前端は直線的で後端は翼の先端から円弧を描くように広がり柔軟だ。零戦やスピットファイヤの主翼と印象が似ている。
見ていて、かっこいい。
また、着地に仕方も小鳥とは異なる。
着地地点を目指して減速。翼を思いっきり広げてブレーキをかけ、最後はまさしく飛び降りるように着地する。
1枚の写真としてどうかはともかく、鳥の知識が無い自分にとっては面白い発見だ。

その他には数が多くないが南沙でも見かける小鳥や池の反対(東)側ではアヒル?等を見かけた。

白飛び。洒落にならない

今回の撮影で困ったのが真っ白な鳥の露出。通常、測光はマルチパターン測光で露出値は基本的にカメラ任せ。多くの場合、シャッタースピードと絞りをマニュアルで固定してISO感度をAUTOにしている。
木陰の中の小鳥はアンダーになってしまうことが多いが、一方で日差しの中の白い鳥は白飛びしてしまうことにも困った。極端な白飛びは現像で補正しても羽根毛のディテールが戻ってこないので、とても残念。
鳥の白い羽根に露出を合わせると背景はだいぶ暗くなるが致し方ないのか?
晴天下ではどうしようもないので、白い鳥を狙うときは曇天の日や直射日光が当たらない状況を狙った方が良いのか?

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 中華人民共和国, 野鳥 | タグ: , , , , | コメントする

野鳥撮影 5回戦 南沙滨海公园

9月12日。
3週間ぶりに南沙滨海公园行ってきました。
前回の写真では手振れが目立つ写真が有ったので、シャッターを押す時のカメラブレに注して・・・と思いながら公園の散策を始めましたが、なかなか難しい。
鳥さんを見つけるとファインダー越しに追いかけてシャッターチャンスを逃さないように、という事で精一杯です。
この公園で少数派の鳥さんが数種類居ますが今回は良い写真を撮ることが出来ませんでした。
また、飛翔など、羽を広げている姿の撮影にも挑戦しましたがほぼ全滅。止まっている鳥さんの撮影とは全く別物です。難しいです。しかし、羽を広げて飛んでいる姿形、そして広げた羽の文様は美しいですよね。
少しづつ挑戦してみたい撮影です。

カテゴリー: Photo life, 野鳥 | タグ: , , , | コメントする

WordPress クラシックエディター復活

昨日は焦りました。
昼前からお酒を飲んでPCをいじっているとろくな事はありません。
インターネットで調べると、最近のWordPressは5.0系からグーテンベルク(Gutenberg)という新しいエディターに変わったという事が分かりました。ブロックエディターと言うらしいです。サーバーOSの関係でWordPressのアップデートが出来ず、気がつきませんでした。

しかし、今のところはなじみのあるエディターが良いので、これもちょっと調べるとプラグインをインストールして従来のエディターに戻せることが分かりました。
ダッシュボードのプラグインメニューから「新規追加」を選択すると追加候補が現れます。その中から Classic Editor の「今すぐインストール」をクリックすると即座にインストールが始まります。インストールが完了すると「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので「有効化」をクリックして完了です。
これで投稿画面が従来のフォーマットに変わりました。
「ブロックエディター」も従来以上のメリットがあるので導入されたのだと思いますが、しばらくは使い慣れたエディターを使い、おいおいブロックエディターも調べて使ってみたいと思います。
いずれにしても、WordPress が使えなくなってしまたらどうしよう~、と不安になりましたがちょっと安心。

カテゴリー: Day by Day, サーバー | タグ: , , , , , | コメントする