FT8モードを聞いて?みた

中華人民共和国に住んでいて開局はできないにも関わらず、最近、アマチュア無線をやりたくなったきました。
受信はできるので、ベランダに受信用ホイップアンテナを出して近隣短波放送などを聞いてBCLを楽しんでいます。アマチュア無線も7MHzはよく聞きます。東アジア一帯はもとより、ヨーロッパからの信号が北米より良く入ります。日本のアマチュア無線局も半減しましたが、中華人民共和国の局は私の開局当時、1970年台後半から1980年台のイメージよりだいぶ少なく感じます。アマチュア無線人口の減少だけでなく、政府の縮小圧力もあるのでしょうか。

アマチュア無線のHF帯通信でPSK31等のデジタル変調方式が使われだしてからもう数十年になりますが、まだデジタルモードで実際のQSOをしたことがありません。
最近はFT8というモードが人気、という事で調べて受診に挑戦してみました。
以下のような特徴があるようです。

  1. 無線機接続したPCで信号をデコード、文字を表示。
  2. 交信する双方のPC時刻誤差は1分以内。
  3. 交信する周波数は各バンドで指定(固定)されていて、USBモードで受信する。
  4. 占有帯域が50Hzと狭く指定周波数の中で複数の同時交信が可能。
カテゴリー: アマチュア無線, デジタル通信 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です