シグマ 150-600mm F5-6.3 DG 合焦精度確認と調整

シグマ 150-600mm F5-6.3 DGを手にしてまだ1度、試し取りに行っただけで、合焦精度を云々する以前の技量的な問題を痛感していますが、今日は1日断続的な雷雨なので合焦精度の確認と、調整をしました。

部屋の中で約9mの距離でこのレンズと組み合わせて使うカメラ(D850)とフォーカス精度確認チャートをセットし、焦点距離600mmのみについて絞り開放で合焦精度を確認します。
確認の結果、

  1. 前ピン傾向がある
  2. 最初のフォーカス位置が最短撮影距離からと無限遠側からでは同じ位置に合焦しない

という事が分かりました。2.項に関しては適当なところで折り合いを付けるしか有りません。フォーカスの調整はシグマから準備されているUSBドックと、調整アプリの SIGMA Optimization Pro で行います。USBドックは日本と殆ど変わらない価格、200元、日本円で約3,200円程で購入できました。
D850のカメラ本体にもライブビューを使ってレンズ毎にオートフォーカスズレを補正する機能がありますが、このレンズに対しては使用していません。
SIGMA Optimization Pro  のフォーカス調整は、2.8m、6m、15m、∞の4つの距離区分に対して調整が出来ます。
野鳥撮影、特に小鳥の場合は出来れば6~15m程度に近づいて撮影したいところです。試写をした経験では、木の実を食べに来ているメジロは4,5mの距離で取れますが、他の鳥は良くて10mでした。部屋の大きさの限界が有り、約9m固定。また、今回は望遠端の600mmのみを確認、調整しました。

SIGMA Optimization Pro のピント調整画面で、2.8m、6m、15m、∞の各4つの距離域の調整値を並べて4桁の調整値とし、頭にADJを付けて、ADJ**** の型で調整名とします。
何も調整しない、購入時の状態は”イニシャル”と称することにします。

イニシャル、及び各パラメータで調整したレンズについて、フォーカスリングの位置を最短距離、無限遠、適当な中間地点から各3回、3秒間ディレイで撮影したチャートを目し評価した結果をグラフにすると以下のようになります。
評価は感覚的な言葉で表していますが、チェーとの大きさで確認すると”僅か”~”少し”でも光軸上の長さで1~2cmになり、鳥の大きさと比較すると十分に大きな差異です。

実際の使用状態では、ある程度フォーカスの合った適当な中間地点から合焦させる事が殆どです。フォーカスリングの位置が最小距離からの合焦では前ピンになる傾向があります。測定した条件の中で最も良く合焦したADJ0130を調整値に決定しました。

※以下は記録としての撮影チャート写真です。

カテゴリー: Photo life, 写真機材 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です