WordPress クラシックエディター復活

昨日は焦りました。
昼前からお酒を飲んでPCをいじっているとろくな事はありません。
インターネットで調べると、最近のWordPressは5.0系からグーテンベルク(Gutenberg)という新しいエディターに変わったという事が分かりました。ブロックエディターと言うらしいです。サーバーOSの関係でWordPressのアップデートが出来ず、気がつきませんでした。

しかし、今のところはなじみのあるエディターが良いので、これもちょっと調べるとプラグインをインストールして従来のエディターに戻せることが分かりました。
ダッシュボードのプラグインメニューから「新規追加」を選択すると追加候補が現れます。その中から Classic Editor の「今すぐインストール」をクリックすると即座にインストールが始まります。インストールが完了すると「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので「有効化」をクリックして完了です。
これで投稿画面が従来のフォーマットに変わりました。
「ブロックエディター」も従来以上のメリットがあるので導入されたのだと思いますが、しばらくは使い慣れたエディターを使い、おいおいブロックエディターも調べて使ってみたいと思います。
いずれにしても、WordPress が使えなくなってしまたらどうしよう~、と不安になりましたがちょっと安心。

カテゴリー: Day by Day, サーバー タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です