華南植物園

広州市天河区の北よりに華南植物園が有る。
自然を活かした広い森林公園のような敷地内には大きな水辺、温室群があり、子供連れでピクニックに来ている家族も多い。

まずは森林を散歩しながら人出の少なそうな方へ向かう。

最初に着いたのは「アナナス」(パイナップル科)の地域。
これが大失敗でこの地域は信じられないほど蚊が多く、ちょっと立ち止まると半ズボンの足に群れをなして張り付いてくる。
とても写真を撮るために立ち止まれるような状況では無かったが、それでもムリして何枚か撮影。両足は蚊に刺されて非常にかゆい。じっとして居られないくらいにかゆい。それに、このような大量の蚊に刺されるというのはちょっと恐怖。
もうこれで気が滅入って早々に帰ろう、という気分。

この華南植物園は、たとえば日本の大船にある日比谷花壇大船フラワーセンターの様に花壇や区画で整備して植物を展示している植物園とは違い、広い園内にそれぞれ、いろいろな植物が植えられている。特定の植物を集めた区画も手入れが悪い。温室を除いて、自然に近い環境だ。

最初の蚊のお出迎えで気が滅入り、早くビールを一杯やりたいという気持ちも高じて園内を一周して早々に帰路についた。
帰り際にスイレン畑も手入れは悪いが、咲いている花は綺麗だった。

日本では見かけないような植物も多く、三脚に超望遠レンズを据えた野鳥撮影の集団も来ており、何か珍しい鳥でも居るのかもしれない。蚊の対策をしてお弁当でも持ってこれば1日楽しめる。

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 中華人民共和国 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です