野鳥撮影 8回戦

2020年10月4日。
午後の鳥さん撮影をしてみようと夕方近くに南沙滨海公园行ってきました。
公園に着いてみると休日の人出で公園手前の道路は一般車両通行禁止で公園内は縁日状態。結構な人出で、とても公園内の樹木にいる鳥さんを撮影しようかという状況では有りませんでした。
そこで、人混みから離れ、立ち入りが出来ない草むらの手前で鳥さんが来るのを待ち構えて待機することにしました。
公園と海辺の間に有るこの草むらには多くの鳥が住んでいて、その中に有るちょうどてっぺん付近に葉の無い枝の有る樹木によく鳥さんが止まるのも今までの経験で分かっています。
結果、特に夕暮れ近くになると陸側にいた鳥さんが戻ってくるのでしょうか、いろいろな種類の鳥さんを見ることは出来ましたが、写真撮影としては惨敗。
小高い木の枝に止まる鳥さんは白い薄曇りの空をバックに撮影することになってしまい、鳥さんの露出が大きくアンダーとなってしまいました。

また、飛来してきた鳥さんの多くは茂みの中に入ってしまい、姿を見せてくれません。
やはり鳥さんが餌を探しに出てくるなど、活動的な時間と場所の方が撮影しやすいと実感しました。

また、色が黒い鳥さんの撮影は日中でも光の当たり方で難しいですが、夕日では尚更難しいです。自分の腕ではせめて、目が良く映えるように撮影できるかどうかがぽいんとでしょうか。

カテゴリー: Day by Day, Photo life, 野鳥 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です