Apacheが起動しなくなった問題の解決

久しぶりに自宅Linuxサーバーにupdateを掛けたらApache(httpd)が起動しなくなりました。幸いSSHはつながり、サーバーとしては正常で有ることが確認できたので、httpdの再起動などを試みても(失敗)という結果に。
/var/log/httpd/ にあるログファイルを確認。

[Sun Aug 20 12:19:29 2017] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec)
[Sun Aug 20 12:19:29 2017] [error] SSL Library Error: -8181 Certificate has expired
[Sun Aug 20 12:19:29 2017] [error] Unable to verify certificate ‘Server-Cert’. Add “NSSEnforceValidCerts off” to nss.conf so the server can start until the problem can be resolved.

おっ、親切に解決策までログに出ています。
nss.conf  ファイルに “NSSEnforceValidCerts off” とのお告げ。

[root@web1 yuu]# find / -name nss.conf
/etc/httpd/conf.d/nss.conf
[root@web1 yuu]# nano /etc/httpd/conf.d/nss.conf

“Server-Cert” の文字列を検索すると、SSL Certificate Nickname のセクションにありました。このセクションの最後に単純に”NSSEnforceValidCerts off”  を追加します。

#   SSL Certificate Nickname:
#   The nickname of the RSA server certificate you are going to use.
NSSNickname Server-Cert
NSSEnforceValidCerts off

変更したファイルを上書き保存してhttpd を起動します。

[root@web1 yuu]# /etc/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

無事に起動できました。

カテゴリー: Day by Day タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です