見よう見まねのラズベリーパイ (13) ~SDRを試して見る~

3年前に衝動買いして殆ど使えていなかったSDR(RTL社のRTL2832U)を部屋のデスクトップPCに挿してSDRSharpで再生した見たが、マンションの中でアンテナもADS-B/1090MHz用のものしか無く、数曲のFM放送がどうにか聴ける程度だ。
SDRをラズパイで動かし、WiFi経由でPCのSDR#で使えば、SDRとアンテナはベランダに出せるので、電波をばっちり受信できる!との目論見でラジオサーバーを試して見た。
モバイルバッテリーを使って、こんな感じで防水ケースに入れる、という構想。

ラズパイでSDRを使う為の設定はインターネット上に沢山情報が有るが、樋山淳 氏著、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめよう ソフトウェアラジオ」に倣って必要なユーティリティやドライバーをインストールした。
海外、しかもインターネットが不自由な国に住んでいるので、このような書籍のKindle版はありがたい。
また、この本では、インターネット情報では見かけなかった(たまたま、見なかっただけかもしれないが)トラブルになる可能性のあるモジュールへの事前の対処方法も載っている。自分のラズパイが著者のラズパイと同じ設定になっている訳では無いので、無用なトラブル防止策は安心できる。
モジュール、ドライバーなどの設定後、再起動してSDRが機能していることを確認する。

pi@raspberrypi:~$ rtl_test -t

RTL-SDR のコマンドでサーバーを起動し、ストリーム配信の準備をする。

pi@raspberrypi:~$ sudo rtl_tcp -a 0.0.0.0

これでラズパイ側の準備は完了。
デスクトップPCのSDRSharpを立上げ、Source で「RTL-SDR(TCP)」を選択し、RTL-TCP Setting でラズパイのIPアドレス、Portを1234を指定し、RTL AGC にチェックを入れてラズパイに接続する。
FM放送が何局か受信できたが、SDRSharp の使い方がよく分からない!
とりあえず防水ケースを作って、しばらくどのような局が受信できるのかwatchして見よう。

カテゴリー: Raspberry Pi タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です